基本は通常のネット通販サービスでの登録の要領と同じ

011

あのAmazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどのネット通販でのクレジットカードの設定環境の場合と同じ、あるいはそれに近い設定が可能なシステムが、ApplePay(applepay)にも設置がしてあります。

そして、SuicaやauWALLETプリペイドカードの登録が出来るようになっていますが、正直、後者の方はクイックペイプラス加盟店でしか決済面での対応が出来ませんので、この点に注意をしておかなくてはなりません。

一方、前者のSuicaでの場合、大抵の加盟店ではないところで、クレジットサービスなどを多く扱っているところの場合、使う事が可能になっています。ただ、これも後で詳しく触れますが、対応が可能なブランドとそうでは無いものとがありますので、ある程度の設定面での注意が必要になってきたりします。

このSuicaを登録をして利用した場合、連携設定をしたデビットカードの種類によっては、ポイントが提携ポイントサイトや協業契約などをしている事業者のサイトのポイントへの還元がなされたりするような事もありますので、これなどは大いに活用をしていくべき余地は大いにあります。

そしてなんといっても、このSuicaカードには、カード現物形態のものなども含めて、金額チャージ機能が付いています。

このため、一度利用をしたりした場合には、その分の支払い不足などがあったりしても、きちんと自動的にチャージによる支払いをしてくれる仕組みになっていますので、とても役に立ちます。

こうした点でもSuicaは、とても有名なJR西日本社が開発をしたクレジットサービス商品になりますが、applepayとの相性はとても最適であり、先程も話したように決済対象の商品として指定をされている店舗事業者なども少なくはありませんので、そうした面でも中々目が離せない、貴重な存在でもあります。

このような大変便利なSuicaとapplepayを介して対応面での設定に最適なデビットカードの種類としては、やはり、これも後でも詳しく触れます楽天銀行のデビットカードの類がその候補として挙げる事も出来ます。

あるいはそれ以外としては、住信SBI銀行発行のSBIデビットカードの商品なども、大変お勧めな面があります。これなどは住信SBI銀行口座からのお金を中継しての決済やSuicaへのチャージなども可能だったりしますので、最適なカード類の1つでもあります。

その他にはやはり、銀行キャッシュカードと一体化をしている、ジャパンネット銀行のデビットキャッシュカードなどが、その典型的なものと言えます。

一度にSuicaによるチャージ分の補充だけでは無くて、決済時での手数料が商品によっては無料などの場合もあり、良い事がよくありますので、中々注目が出来る商品でもあります。

大体、現在のところは以上のような状況になっています。

参考サイト
http://xn--t8j4aa4nyh9e1ajk0h8v.net/

基本的にVISAではSuicaの設定が出来ない

019

ここで先程のSuicaとの連携設定を行う際に注意をしなくてはならないところが幾つかありますので、それらについてここの段落では触れておきます。

Suicaの場合、対応可能なクレジットカードブランドとしては、JCB・マスターカード・AmericanExpraceの3つになっています。つまり、VISA対応の仕様にはなっていない事になります。

まずはここに、一番注意をしなくてはなりません。2つ目は、先程のジャパンネット銀行のカードを利用する場合、ブランドがVISAの場合、ApplePayでのほとんどの機能が使えなくなってしまう可能性もあります。

こうした事があり得ますので、必ず同銀行のもので連携を採る際にはマスターカードでやっておく事が無難です。3つ目は、Suicaの連携をAmericanExpraceで行う場合、やはり日本国外のブランドといった事情もあって、不具合の報告なども少なく無い場合もあります。

そして、身に覚えのない決済のやり取りなどもあったりするような事も無いとは言えませんので、この際も注意をしておく必要があります。こうした事情から、JCBあるいはマスターカードのブランドのものを採用していくのがベストかもしれません。

楽天デビットカードが高還元でお勧め

027

クレジットカード業界で一番の高還元率を誇り、様々なブランドに対応をしている上に、ネット通販なども手掛けている楽天社が運営をしている楽天デビットカードですが、実はこのカードがそのまま楽天社のポイントからなる高還元率によるチャージ面にも優れており、大変注目をされています。

そして、ApplePayとの相性も最適であり、SuicaとのマスターカードやJCBなどのブランドを駆使しながら活用をしていけば、かなりの決済面での節約などを大いに見込めます。

そして、年会費などがある点は否めませんが、やはり楽天社が発行しているだけのものであって、誰にでも使えるといった点で、とてもありがたい存在です。